イミディエイトウィンドウはプログラムコードの中の変数やプロパティの値を調べる場合に使用します。その際、調べたい変数をDebug.Printで指定してイミディエイトウィンドウに処理結果を表示させます。

1.プログラムコードを入力後、Debug.Printにて調べたい変数を指定します。

1.プログラムコードを入力後、Debug.Printにて調べたい変数を指定します。

2.メニューより[表示]→[イミディエイトウィンドウ]をクリックする。

2.メニューより[表示]→[イミディエイトウィンドウ]をクリックする。

3.イミディエイトウィンドウが表示されます。

3.イミディエイトウィンドウが表示されます。

4.メニューより[実行]→[Sub/ユーザーフォームの実行]をクリックする。

4.メニューより[実行]→[Sub/ユーザーフォームの実行]をクリックする。

5.イミディエイトウィンドウに変数の値が表示されます。

5.イミディエイトウィンドウに変数の値が表示されます。

6.プログラムコードを1行ずつ実行したい場合はメニューより[デバッグ]→[ステップイン]をクリックします。

6.プログラムコードを1行ずつ実行したい場合はメニューより[デバッグ]→[ステップイン]をクリックします。

7.プログラムコードを1行ずつ実行され変数の値がイミディエイトウィンドウに表示されます。

7.プログラムコードを1行ずつ実行され変数の値がイミディエイトウィンドウに表示されます。