SQLとは「Structured Query Language」の略でリレーショナルデータベースを操作するデータ操作言語です。Accessにおいては選択クエリの機能によりSQLを意識することなくデータベースのデータを操作することができますが、バックグラウンドでの操作はSQLにより実行されています。

クエリを作成するとSQLビューによりクエリで実行されているSQLのコードを確認することができます。以下その確認方法をご紹介します。

1.VBEのメニューより[クエリ]→[新規作成]をクリックする。

1.VBEのメニューより[クエリ]→[新規作成]をクリックする。

2.メニューより[デザインビュー]→[OK]をクリックする。

2.メニューより[デザインビュー]→[OK]をクリックする。

3.住所テーブルを選択して[追加]をクリックする。

3.住所テーブルを選択して[追加]をクリックする。

4.選択クエリに追加されるので[閉じる]をクリックする。

4.選択クエリに追加されるので[閉じる]をクリックする。

5.住所テーブルよりフィールド名をドラックアンドドロップで追加していく。

5.住所テーブルよりフィールド名をドラックアンドドロップで追加していく。

6.メニューより[SQLビュー]をクリックする。

6.メニューより[SQLビュー]をクリックする。

7.SQL文を確認することができます。

7.SQL文を確認することができます。