変数へ値を代入するときや、計算を行う場合演算子を使用します。


変数 = 値 演算子 値
					

算術式に使用される演算子の種類には以下のものがあります。

演算子機能
+足し算
-引き算
*掛け算
/割り算
^べき乗
\
mod余り

以下の例では以下の例では変数iをIntgerとして宣言して10を代入して演算子使用して値を再代入しています。


Sub Sample()

    Dim i As Integer

    i = 10
      
   i = i + 5 

    Msgbox i	'---   10 + 5 = 15

    i = i - 3

    Msgbox i	'---	15 - 3 = 12

    i = i * 3

    Msgbox i	'---	12 * 3 = 36

    i = i / 3

    Msgbox i	'---	36 / 3 = 12

    i = i ^ 2

    Msgbox i	'---	12 ^ 12 = 144

    i = i mod 7

    Msgbox i	'---	144 mod 7 = 4

    i = i \ 3

    Msgbox i	'---	4 \ 3 =1

End Sub
					


文字列の連結には & と + の演算子が用意されています。


文字列 & 文字列

文字列 + 文字列
					

以下の例では文字列を & と + の演算子を使用して連結しています。


Sub Sample()

    Dim strData1 As String
    Dim strData2 As String
    
    strData1 = "abcd"
    strData2 = "efgh"

    Msgbox strData1 & strData2

    strData1 = "ijkl"
    strData2 = "mnop"

    Msgbox strData1 + strData2

End Sub