データ型とは、プログラムにて扱うデータの種類のことをいいます。変数に対してデータ型を宣言することで格納するデータを制限することができます。データ型を変数に対して指定しない場合、自動的にバリアント型(Variant型)が割り当てられます。


Dim 変数名 As データ型
						

条件式で値を比較する場合には以下の演算子を使用します。

データ型名称範囲
Byteバイト型0 〜 255
Integer整数型-32,768 〜 32,767
Long長整数型-2,147,483,648 〜 2,147,483,647
Single単精度浮動小数点型-3.402823E38 〜 -1.401298E-45(負の値)
1.401298E-45 〜 3.402823E38(正の値)
Double倍精度浮動小数点型-1.79769313486232E308 〜 -4.94065645841247E-324(負の値)
4.94065645841247E-324〜1.79769313486232E308(正の値)
Currency通貨型-922,337,203,685,477.5808 〜 922,337,203,685,477.5807
Char文字列型最大約20億文字まで
Date日付型西暦100 年1月1日〜西暦9999年12月31日までの日付と時刻
Objectオブジェクト型オブジェクトを参照するデータ型
Variantバリアント型可変長の文字列型の範囲と同じ。
Booleanブール型真 (True) または偽 (False)

以下の例では以下の例では変数iをIntgerとして宣言して10を代入して、変数を10で乗算して変数に再代入しています。


Sub Sample()

    Dim i As Integer

    i = 10
      
    i = i * 10

    Msgbox i

End Sub
						

以下の例では以下の例では変数iをIntgerとして宣言して5555555を代入しようとしていますが、Integer型の代入できる値の範囲は-32768〜32767なのでオーバフローでエラーとなります。


Sub Sample()

    Dim i As Integer

    i = 5555555		'→オーバフローでエラーとなる
      
    i = i * 10

    MsgBox i

End Sub