数値関数とは、数値データを目的の数値またはデータ型に置き換えるために使用します。

関数機能
Round(値[,小数点以下の桁数])四捨五入した値を返します。
Sin(数値)指定した角度のサインを倍精度浮動小数点数型 (Double) の値で返す数値演算関数です。
Cos(数値)指定した角度のコサインを倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。
Tan(数値)指定した角度のタンジェントを倍精度浮動小数点数型 (Double) の値で返す数値演算関数です。
Atn(数値)指定した数値のアークタンジェントを倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。
Exp(数値)e を底とする数値のべき乗を返します。定数 e は自然対数の底で、e = 2.71828182845904 となります。
Long(数値)指定した数値を超えない最大の長整数型を返します。
Sqr(数値)数式の平方根を倍精度浮動小数点数型 (Double) の値で返す数値演算関数です。
Abs(数値)数値の絶対値を返します。絶対値とは、数値から符号 (+、-) を除いた数の大きさのことです。
Sgn(数値)引数に指定した値の符号をバリアント型 (内部処理形式 Integer の Variant) の値で返す数値演算関数です。
Int(数値)指定した数値を超えない最大の整数を返します。
Fix(数値)引数の小数部分を取り除いた整数値を返します。
Hex(数値)指定した値を 16 進数で表した文字列型 (String) を返します。
Oct(数値)引数に指定した値を 8 進数で表すバリアント型 (内部処理形式 String の Variant) の値を返します。
Str(数値)バリアント型 (内部処理形式 String の Variant) の値を返します。数式の値を文字列で表した値 (数字) で返す文字列処理関数です。
Val(数値)指定した文字列に含まれる数値を適切なデータ型に変換して返します。