DoCmdオブジェクトのGoToRecordメソッドを使用してフォームよりレコードを操作する方法を説明します。


DoCmd.GotoRecord [,DataObjectType] [,ObjectName] [,AcRecord] [,Offset]
					

GoToRecordメソッドの引数は以下の通りです。引数を省略した場合は規定値が設定されます。

引数説明
DataObjectType対象となるオブジェクトを指定します。
acActiveDataObjectアクティブオブジェクト(規定値)
acDataFormフォーム
acDataFunction関数
acDataQueryクエリ
acDataServerViewサーバービュー
acDataTableテーブル
ObjectName対象となるオブジェクトの名前を指定します。
AcRecord移動の種類を指定します。
acNext次のレコードへ移動
acPrevious前のレコードへ移動
acFirst先頭のレコードへ移動
acLast最後のレコードへ移動
acGoto指定したレコードへ移動
acNewRec新規レコードへ移動
Offset移動量を指定します。

以下の例では次へボタンをクリックすると次のレコードに移動します。最終レコードでクリックするとエラーとなるので"On Error Resume Next"にて回避します。


Private Sub 次へ_Click()

	On Error Resume Next

	DoCmd.GoToRecord acDataForm, "社員名簿", acNext

End Sub
					

以下の例では最終ボタンをクリックすると最終レコードに移動します。


Private Sub 最終_Click()

	DoCmd.GoToRecord acDataForm, "社員名簿", acLast

End Sub
					

以下の例では前へボタンをクリックすると前のレコードに移動します。先頭レコードでクリックするとエラーとなるので"On Error Resume Next"にて回避します。


Private Sub 前へ_Click()

	On Error Resume Next

	DoCmd.GoToRecord acDataForm, "社員名簿", acPrevious

End Sub
					

以下の例では先頭ボタンをクリックすると先頭レコードに移動します。先頭レコードでクリックするとエラーとなるので"On Error Resume Next"にて回避します。


Private Sub 先頭_Click()

	DoCmd.GoToRecord acDataForm, "社員名簿", acFirst

End Sub
					

以下の例では新規ボタンをクリックすると新規レコードに移動します。


Private Sub 新規_Click()

	DoCmd.GoToRecord acDataForm, "社員名簿", acNewRec

End Sub